使えなくなる可能性 | 覚えておきたいクレジットカード現金化の危険性

クレジットカードを現金化するときの注意

利用停止の危険性

もうカードが使えない

クレジットカードの現金化をしたことが会社に気づかれると。利用停止になります。
無期限の利用停止になることが多く、これからクレジットカードが使えません。
買い物をするときに不便だと感じるかもしれないので、本当に現金化するのかよく考えて実行してください。
最初はクレジットカードの現金化をしたことが気づかれないので、だんだん頻度が多くなる人が見られます。

ですが何度も現金化をすると、それだけ会社に気づかれる危険性が大きくなります。
高い商品を購入して転売する現金化のやりかたがありますが、何回も高額な買い物をすると怪しく思われます。
どのくらいの金額の商品を購入したのか会社は分かるので、気づかれるリスクがあると覚えておきましょう。

他の会社も利用できない

他のクレジットカード会社にも情報が伝わって、使用できなくなる可能性があります。
怪しい人物だという噂が広まるとクレジットカードの契約ができなくなります。
何回も現金化をすることで、気づかれてしまう人がいます。
また、たった1回現金化をしただけでもカード会社に気づかれる人もいるので注意してください。

クレジットカード会社は、情報を共有しています。
ですから怪しい人物がいた場合はすぐに伝わるので、現在クレジットカードを普通に使っていた場合でも利用を停止させられることが多いです。
これからクレジットカードが使えなくなったら、買い物をするときは現金を使わなければいけません。
それでは財布が重くなるので、デメリットが大きいです。


この記事をシェアする