捕まらないようにする | 覚えておきたいクレジットカード現金化の危険性

クレジットカードを現金化するときの注意

気づかれると逮捕される

社会的な信頼

これからクレジットカードの現金化の取り締まりが、強化されるかもしれません。
すると現金化したことが気づかれると、逮捕されることが考えられます。
逮捕歴があると、一気に社会的な信頼がなくなってしまうので気をつけてください。
どのような内容の犯罪でも、逮捕されたという事実があるとマイナスに見られてしまいます。

会社で逮捕歴のある人を雇っていると、それだけで会社そのものの信頼性が低下する危険性があります。
ですから逮捕歴のある人は、早々にクビになってしまうかもしれません。
そのように大きなリスクがこれから待ち受けていると思って、現金化を利用してください。
1回現金化をしただけで、社会的な信頼や職場を失ってしまうことがあります。

お金を借りるのが難しくなる

大きな買い物をするときは。金融機関からお金を借りようと思っている人が見られます。
そのときは、借りた金額を全部返済することができる人間なのかチェックされます。
審査を通過した人だけが、金融機関でお金を借りることができるシステムになっています。
クレジットカードの現金化が気づかれたことで逮捕されると、社会的な信頼が低下します。

すると、お金を返済できない人間だと判断されることが多いです。
金融機関がお金を貸してくれなかったり、貸してくれたとしても自分が期待した金額ではなかったりします。
また家を購入するときにローンを組む人が多いですが、そのときも同じように審査を通過します。
社会的な信頼が低下すると、いろんな支障が生じます。


この記事をシェアする